税理士事務所の経験

借金1億の社長と「多重債務者で借金苦に陥りやすい人」テストをやってみた

投稿日:2021年10月28日 更新日:

お客様の中に、開業から5年で借入未払の返済残高が1億を超えた社長がいます。

 

長期返済の銀行借入だけでなく、リース、高金利のカードローン・リボ払い…

毎月の返済に苦労し、再びカードローンを利用し返済残高が膨れ上がっていく。

そんな社長に「今日、借金を背負った ―借金で人生が狂った11人の物語―」で紹介されている「多重債務者で借金苦に陥りやすい人の共通項にいくつ当てはまる?」に回答してもらいました。

↓ ↓
 

返済残高が1億を超えた経緯

自動車販売・整備業を開業。

 

開業当初は銀行借入もなく細々とやっていましたが、銀行から5千万借りて廃業した整備工場を購入しました。

一気に売上拡大するため運転資金が必要となり、長期返済の銀行借入だけでなく、高金利のカードローンで資金調達していきます。

 

年々売上拡大して1億8千万を超えますが、人件費などの必要経費を増大し赤字決算が続き、資金不足を誤魔化すため銀行借入・カードローンを繰り返し利用し、開業から5年で借入未払の返済残高は1億を突破しました。

 

普段の社長

自動車販売業という業種柄、数百万単位のお金が出たり入ったりするため金銭感覚が麻痺しています。

仕事もプライベート金遣いが荒く、欲しいものを我慢することができません。

 

保険や広告の営業を断ることができず、毎月の支払額も増加していきます。

 

売上第一で顧客からの値引きにもすぐに応じてしまい、次々と取引を増やしていき代金回収にも手が回らず売掛金を年々増えてしまいました。



多重債務者で借金苦に陥りやすい人の共通項にいくつ当てはまる?

  • 自分で稼いだお金を自由に使えないなんて働いている意味がないと思う。
  • 仕組みはよく分からないがリボ払いを利用している。
  • お気に入りの店で新製品を勧められると、つい買ってしまう。
  • 住宅ローンの借入れ額の設定は、そのとき借りられる最大の額だった。
  • 整理整頓が苦手だ。

簡単な40の質問に答えていきます。

当てはまる数が多いほど、多重債務者・借金苦に陥りやすい、もしくは既に陥っている可能性が高い。とされます。

 

▼ あなたはいくつ当てはまる?

 

社長の結果

社長の結果は40個中35個に当てはまりました。

「今日、借金を背負った ―借金で人生が狂った11人の物語―」では20個以上当てはまると、次のように最も厳しい判定となります

  • 多重債務へまっしぐら。
  • 早急に債務の整理を真剣に考えた方がよい。
  • 身辺をきれいにしてやり直すか破滅に向かうかの瀬戸際だ。

はるか上をいく35個に当てはまりました。

この結果から社長には借入未払の返済残高が1億超えの素養があることが伺えます。

 

社長が「自分に自信がない」という質問に「当てはまる」と答えたときは意外でした。

 

自分の好き放題して、売上だけみれば結果を出していて、きっと自信があるんだろうなと思っていましたが、常に不安を抱えていると心の内を話してくれました。

 

社長の人間らしい側面が垣間見えた一方、不安になるんだったら浪費をやめなさいよ!と思いました。

 

私の結果

私の結果は40個中5問でした。

 

欲しいものがあっても購入するか慎重に判断しますし、ローンを組んで買うことはありません。

クレジットカードの支払方法が自動リボになっていたことがあったときは「すぐに払うからリボ解除してください」と発狂して連絡しました。

 

クレジットカードを何枚持っているか把握していない

→ カードを作ればポイントがもらえるサービスを多用していた時期があり、使っていないカードが結構ある。

 

「お買い得」「底値」という宣伝文句に弱い

→ 欲しいものであれば反応してしまいます。

 

  • マイホームを持つのは当然だと思っていた。
  • どんなにローンがきつくても家は絶対に手放したくない

→ 家賃を払い続けるのはもったいない気がしますし、毎日帰る場所は自己所有の方が落ち着く気がします。

 

遊びの範囲ならギャンブルをしても問題ない

→ 競馬は好きなのでお小遣いの範囲で楽しんでいます。

 

▼ コチラもご参考に・・

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP