体験談 その他

過去のピロリ菌除菌、父母の感染状況|ピロリ菌、除菌に挑戦した記録

投稿日:2020年10月25日 更新日:

2020年10月、ピロリ菌、3度目の除菌に挑みました。

 

3度目の正直で除菌することができるのか?

耐性菌になすすべく除菌に失敗するのか?

 

その記録をまとめました。

↓ ↓
▼ 関連コンテンツ  

人生初の人間ドックでピロリ菌感染の診断をうける

私がはじめてピロリ菌の除菌に挑んだのは、2015年10月のことでした。

当時は、神戸在住で国家公務員の職場で勤務していました。

 

職場の人間ドックで人生初の胃カメラを受診しました。

ピロリ菌が生息する胃にみられる「鳥肌胃炎」であることが確認されました。

 

他に受診した便検査などで「ヘリコバクターピロリ」の陽性反応が出たため、ピロリ菌に感染しているという診断をうけました。



家族のピロリ菌の感染状況と除菌結果

私の両親ともにピロリ菌に感染していました。

 

父は1度目でピロリ菌の除菌に成功しました。

母は2度、ピロリ菌の除菌に挑みましたが、失敗しました。

 

父が幼い頃、福岡県に住んでいましたが詳しい場所は分かりません。

 

母の実家は鹿児島県の里山地域にあり、井戸からくみ上げた水をつかっていました。

母はもちろん、私も幼い頃から、この水を飲んでいました。

母の弟・妹もピロリ菌に感染していましたが、1度目で除菌成功したようです。

 

私の実家は鹿児島県の住宅地域にあり、浄水された水道水でした。

 

ピロリ菌の除菌に挑戦

1回目のピロリ菌、除菌

人間ドックを受診した医療機関は自宅から離れていたため、近所にあるかかりつけ医に「ピロリ菌陽性の結果」をもって受診しました。

 

ピロリ菌を除菌する薬が処方されました。

どの薬をつかったか詳細は覚えていませんが、数種類の薬を朝夕7日間連続して服用しました。

 

かかりつけ医に言われた通り、7日間、コーヒーもお酒も控えました。

除菌から1か月後、呼気試験を行いましたがピロリ菌の陽性反応が出ました。

 

2回目のピロリ菌、除菌

その日のうちに、2度目のピロリ菌を除菌する薬が処方されました。

2度目もどの薬をつかったか詳細は覚えていませんが、やはり数種類の薬を朝夕7日間連続して服用しました。

1度目と同様にコーヒーもお酒も控えました。

 

それから1か月後、再び呼気試験を行いましたが、ピロリ菌の陽性反応が出ました。

かかりつけ医が「ピロリ菌まだいるね」と苦笑しながら話していました。

 

ピロリ菌の除菌、成功率

ピロリ菌の除菌を2度行った場合の除菌成功率は90%と言われています。

かかりつけ医が苦笑するのも無理ありません。

 

2度のピロリ菌除菌に失敗し、すぐに3度目の除菌を行うと健康保険の適用除外となり、自費診療となるため除菌を断念しました。



ピロリ菌の除菌失敗、翌年に受診した健康診断

ピロリ菌の除菌に失敗した翌年、鹿児島に移住しました。

移住後にうけた健康診断の便検査の結果、「ヘリコバクターピロリ」の陽性反応が出ました。

 

やはりピロリ菌は生きていたのです。

このとき再びピロリ菌を除菌することはありませんでした。

 

2度のピロリ菌除菌に失敗し、ピロリ菌と共存する道を選んだのです。

それから4年の月日が流れました。

 

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP