まさかの3人目 妊娠

目が覚めると分娩室から声が…感慨深い瞬間|思いがけず まさかの3人目妊娠(19)

投稿日:2018年5月28日 更新日:

平成29年10月。 思いがけず まさかの3人目妊娠が発覚しました。

 

第三子を受け入れていく普通の夫婦の姿を「夫」の視点で描いています。

私たちと同じ境遇で苦しんでいる方、子どもを産むことは決めたけど不安な方の一助になれば幸いです。

 

▼ 関連コンテンツ  

物音に目を覚ます

私が目を覚ましたのは4時40分。

2本目の点滴を打つため、助産師さんが陣痛室に入ったときでした。

 

妻はお腹の痛みが引いていましたが、点滴の針を刺されていることが辛そうでした。

しばらくすると、私は再び睡魔に襲われました。

 

目が覚めると、分娩室から声がする!

朝8時。

私が目を覚ますと隣の分娩室から苦しそうな声がしました。

 

声の主は妻ではなく、隣のベットで点滴をうけています。

 

「もう30分以上頑張っているよ。あんたよくいびきかいて、寝てられるよね。」

妻に言われました。

 

私がいびきをかいて寝ているのを見かねて、蹴りをいれたみたいです(笑)

 

それから何もせず分娩室の様子に耳を傾けていました。

 

分娩室から湧き上がる歓声

さらに30分が経ち、分娩室から歓声があがりました。

次の瞬間、元気な赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。

 

私は「あー、こんな感じで生まれるんだ」と頭の中で思っていると妻が泣いていました。

 

自分たちの子どもが生まれてくるとき、私はどんな感情が湧き出てくるのだろうか。

また冷静に頭の中で考えていました。




.

私だけ一時帰宅

妻の状態は完全に落ち着いてしまいました。

子ども達の面倒は私の両親にお願いしましたが、私は一旦家に帰ることにしました。

 

「いつでも連絡して」

そう言って産婦人科を後にしました。

 

家に戻ると、私の父がいましたが、しばらくすると帰りました。

子ども達と一緒に掃除や洗濯をして、あっという間にお昼になりました。

 

子どもたちと再び産婦人科へ

子どもたちと一緒に産婦人科へ出かけました。

途中、イオンに寄り昼御飯と妻への差し入れを買いました。

 

フードコートで昼御飯を食べ、産婦人科に向かおうとすると妻から連絡がありました。

「退院するかもしれないから、もう少ししてから来て」

 

あれれ・・・

 

30分くらい本屋で時間をつぶし産婦人科へ向かいました。

 

陣痛室に入ると部屋の電気が消えていて、癒し系の音楽が流れていました。

 

すぐに助産師さんが入ってきて

「内診するから、部屋から出てください」

と言われました。

 

今朝、生まれてきた赤ちゃん

部屋を出てナースステーションの前に行くと、今朝隣で生まれてきた赤ちゃんが寝ていました。

空の哺乳瓶を懸命にすすっていました。

 

「かわいい!」心から思いました。

娘は初めは恥ずかしそうにしていましたが、気になっているようでチラチラ何度も見ていました。

 

関連コンテンツ

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP