新型コロナウイルス感染症 自宅療養で入院給付金が入金!

4月30日に新型コロナウイルス感染症のPCR検査をうけて陽性になってしまいました。

保健所の指導により5月8日まで自宅療養し、療養期間を終えました。

 

療養期間明けに医療費の支払いに行きましたが、家族5人総額15,480円と想定よりもかなり高かったです。

今回は強い味方がいたのでなんとかなりました。それは入院給付金が出る医療保険です。

 

医療保険の補償内容

「入院給付金 日額3000円(上限日数60日)」その他、手術給付金や先進医療特約のある一般的な医療保険です。

私は税理士事務所で業務の一環で生命保険募集人の資格を持っていて、募集する生命保険会社が取り扱っている医療保険に加入しました。



自宅療養中に保険会社に問い合わせ

自宅療養中、時間を持て余していた時、研修で聞いたことが頭をよぎりました。

「コロナで療養したら入院給付金が出ますよ」

 

とりあえず、生命保険会社のホームページを見ると「自宅療養でも入金給付金の申請が可能です」という情報を発見しました。

すぐに保険会社に電話して状況を説明すると「保険金支払いの対象となりうる」と言われました。

 

私は職場名義でも医療保険に加入していたので、療養明けの5月9日に職場から2件分(契約者が私個人および職場)の申請書類の請求を行いました。

 

申請書類到着、さっそく記入

保険会社に申請書類を請求してから3日後の12日に申請書類が届きました。

 

提出する申請書類は14日以内の自宅療養の場合、

  • 保険金・給付金支払請求書
  • 療養通知書

2種類でした。

コロナ 自宅療養 保険金・給付金支払請求書

コロナ 自宅療養 療養通知書

療養通知書に「陽性判明日」「療養場所」「療養期間」を記載しますが全て自己申告で、保健所発行の証明書類が手元にない場合は、証明書類の提出不要でした。

さすがに心もとないと感じ、結果(+:陽性)、検体採取日(令和04年04月30日)が記載されている検査報告書を同封しました。

新型コロナウイルス 検査結果 陽性

必要事項を記入して、書類到着の翌日13日に2件分あわせて郵送しました。

 

入院給付金の入金日と入金額

13日に郵送してから1週間も経っていない5月19日に保険会社から入金がありました。

 

入院給付金は27,000円。

陽性判明日4月30日から療養期間終了5月8日までの9日分×日額3000円の入院給付金が入金となりました。

 

5人分の医療費(15,480円)除菌スプレーなどの物資購入費用(10,000円くらい)を補填することができました。

なお、同日19日、職場の通帳にも入院給付金が入金となったようです。

 

保険会社によって取り扱いは様々

私が加入する生命保険会社は、添付書類も少なく、審査も入金もスピーディだったと思います。

 

私の他にコロナ陽性で自宅療養・ホテル療養した方の話を聞くと、入院給付金の請求自体は可能だけれど、保健所発行の証明書が必要だったり、自治体が運営しているアプリの証明機能が必要だったり、と一筋縄ではいかないようです。

 

なお、保健所発行の証明書は、療養期間終了から1ヶ月が経過した6月8日現在、私の手元にまだ届いていません。

保健所発行の証明書の添付が必須となっている保険会社の場合、1ヶ月以上待たされるかもしれません。

 

しかし、家族全員の医療費の支払いがあったり、除菌スプレーなどの物資を購入したり、と支出が増えてしまうので、忘れずに面倒くさがらずに入院給付金の請求してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。