国家公務員 キャリアガイド

緊張!人事異動の内示の日の様子!!|国家公務員 キャリアガイド(16)

投稿日:2018年8月1日 更新日:

私は2007年の近畿地区の国家公務員一般職試験(当時のⅡ種試験)に合格し、同年10月から出先機関で働くことになりました。

2016年3月に自己都合退職するまでの8年半の公務員生活を記事にまとめました。

 

今回は、人事異動の2週間前「内示の日」の様子を記事にまとめました。

↓ ↓
▼ 関連コンテンツ  

2回目の春 人事異動の時期が近づく

入庁してから二回目の春。

仕事では事業法監査も一段落し、プライベートでは結婚式が無事終わりました。

 

4月1日(しがついっぴ)の大型人事異動の時期が近づいてきました。

 

「係長と係員が同時に異動することは少ない」と聞いていたので、先に配属になった係長が異動になるだろうと予想していました。

「今年こそは後を頼むな!」と係長に言われました。



内示の日

部長室に呼び出され内示が行われる

4月1日の2週間前、内示の日がやってきました。

異動予定の職員は部長室に呼ばれて異動先を言い渡されます。

 

始業から30分後の9時5分頃。

内線電話がかかってきて課長補佐が呼び出されました。

 

課長補佐は私より後に課に配属されましたが1年で異動になりました。

部長室から戻ってきた課長補佐に声をかけられたのは・・・

 

部長室から戻ってきた課長補佐に声をかけれらたのは?

係長ではなく私でした。

 

係長は「ウソやろ」と驚いた顔をしていました。

私も想定外の事態にどうしたらいいか分かりませんでした。

 

何がなんだか分からず部長室に入ると、早速、配属先が言い渡されました。

異動先は、同じ部の隣の課でした。

 

部長室から戻ると係長が「オレが残留かいな」と残念そうな顔をしていました。



人事異動の一覧表

11時頃。

人事課から人事異動者の一覧表が職員一斉送信メールで届きました。

 

ほぼ同じタイミングで、労働組合が人事異動者の一覧をまとめた速報誌を配布しました。

 

当然、一覧の中に課長補佐や私の名前があり、係長の名前がありませんでした。

 

ちなみに、この春の新卒はおらず後輩はできませんでした。

 

前任者は係長?

異動者一覧をよく見てみると、私の前任・後任に不思議な点がありました。

 

まず、私の配属先(=前任者)が係長になっていました。

これは私が1年半で係長に昇進した↑

 

 

わけではなく(笑)

係長のいない係員(係長欠ポスト)に配属ということでした。

 

直属の上司が課長補佐になり、補佐の指示のもと、係長がしていた事務を係員である私が行うとのことでした。

 

後任者がいないって、どういうこと?

次に、私の後任者がいないことに気付きました。

係員が定員削減となり、係長が係員の仕事も行うことになりました。

 

統計などの許認可関係業務以外は、非常勤職員を新たに配置することで落ち着きました。

 

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

楽天検索

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP