まさかの3人目 妊娠

検査薬の結果が出るまでの緊張の1分間|まさかの3人目妊娠(2)

投稿日:2018年4月3日 更新日:

2017年9月、妻は毎月くるものがきませんでした。

 

これまでも最高2か月遅れることもありましたが、陰性の検査結果が出ると、1週間以内にはきていました。

今回も同じように陰性の結果が出るだろうと信じていました。

 

金曜日の晩、ドラッグストアで検査薬を買いに行きました。

自宅に戻り、検査することにしました。

 

▼ 関連コンテンツ  

検査結果が出るまでの緊張感

今回も検査薬の結果は陰性だろう。

私も妻もそう信じていました。

 

早速、妻がトイレに向かいました。

私はトイレの前の部屋で待つことに。

 

凄まじい緊張感が私を包みました。

 

動揺する妻の声が・・・

妻がトイレに入ってから1分が経ちました。

とてつもなく長い1分でした。

 

急にトイレから叫び声がしました。

 

「何、これ!」

 

テレビを見ていた子どもたちがやってきました。

「テレビ見ときなさい」と言って、妻と二人部屋に入りました。

 

妻が検査薬を見せました。

 

2つの窓に

2つの窓にラインがはっきりと浮かんでいました。

 

結果は陽性でした。

 

「一瞬にしてラインが浮かび上がった」

妻が話しました。

 

「どうしよう・・・」

妻が細い声でもらします。

 

「産むしかないでしょ」

私は簡単に答えました。

 

私は11年前も産んで育てるという決断をしていた以上、今回もそうしなければならないだろうと考えていました。

しかし、これからのことを深く考えての発言ではありませんでした。

 

11年前と状況は違う

「一から全部やり直しになるんだよ」

「3人も育てるお金はあるの」

妻の現実的な意見が飛んできました。

 

 

11年前 私は大学在学中でした。

しかも就活失敗し、公務員浪人をすることを決めていました。

 

今よりも経済的に不安定な状態、全く未来の見えない暗闇の状態でした。

それに比べれば今は定職についている。

 

一方で今は10歳、7歳の子どもがいます。

 

月々の収支もギリギリで、賃金が劇的に上がる見込みはありません。

子どもたちの教育費はこれから増えていきます。

 

混乱の果てに本音が出る

3人ともなると、2人の子どもに不憫な思いをさせるのではないか。

頭の中がゴチャゴチャになっていきました。

 

そして、ついに本音が出てしまいました。

「やっぱり無理だよね。バカだよ・・・11年経っても何も変わっちゃいない」

 

「そうだね、無理だよね。私もバカだった・・・」妻もあっさり同意しました。

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP