元採用担当者が語る 国家公務員 採用試験 

「知能系」問題で高得点をとれた勉強の心構えとおすすめ問題集|国家公務員一般職 教養試験の合格勉強法(1)

投稿日:2017年11月28日 更新日:

国家公務員一般職に合格するためには、まず筆記試験を突破しなければなりません。

筆記試験を突破するために最初にすべきことは、筆記試験について知ることです。

私が合格を勝ち取った勉強法をまとめました。

今回は

  • 国家公務員一般職 教養試験の知能系問題
  • 勉強の心構えとおすすめの問題集

についてまとめました。

↓ ↓
▼ 関連コンテンツ  

教養試験「知能系」問題とは?

教養試験のうち「知能系」の問題は「文章理解」「数的推理」「判断推理」「資料解釈」4つの分野で構成されます。

 

文章理解

現代文、英文、古文など文章の理解度を試す問題

 

数的推理

数字をつかったパズルのような問題

 

判断推理

発言の真偽、勝敗、暗号などの謎を解く問題

 

資料解釈

表やグラフを読み解く問題

 

知能系の点数配分

知能系の点数配分は教養試験の7割を占めます。

知能系をしっかり得点できるようになることが合格への近道です、




.

知能系の勉強方法

知能系の勉強方法は、繰り返し問題を解き続けることです。

身体に覚えこませるため「訓練」が必要です。

 

文章理解の勉強法

評論・英文・古文さまざまな種類の文章にふれることが大切です。

問題を解くときは「タイムリミット」を設定し、限られた時間内で解答する練習をします。

 

過去問題集のおすすめは、スーパー過去問ゼミです。

公開模試は必ず受験し「本番の同じ時間」で「本番と同じ問題量の文章」を解答する練習を少なくとも3回はしましょう。

 

数的推理・判断推理の勉強法

多くの問題パターンに出会い、解き方を覚えていきます。

問題集は問題を見た瞬間に解き方が浮かんでくるほど、繰り返し何度も解きます。

 

私が勉強した問題集は畑中敦子シリーズ、通称ワニ本でした。

この問題集たちを何度も解き解法を叩き込むことで、本番で9割とることができました!

 

資料解釈の勉強法

知能系の中では問題数が多くありません。

時間をかけすぎるのは得策ではありません。

 

資料解釈もワニ本をつかって一通りの問題パターンを頭に叩き込みました。

 

知能系で高得点をとるためには?

知能系は最初は思うように得点が伸びません。

しかし、あきらめずに「訓練」をするとグンと得点できる時期がやってきます。

 

私は2年目で数的推理・判断推理の得点が飛躍的に上昇しました。

本試験問題を解くのが楽しいと思える境地に至りました。

 

 

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP