心の健康 家庭菜園

ひまわりの種を植えてから開花するまでの日数 チシャ菜(サンチュ)の花も発見!

投稿日:2017年7月9日 更新日:

台風3号や大雨の影響で畑はだいぶ荒れてしまいました。

強風や豪雨に負けずに、植物たちは力強く成長しています。

 

そんな中、ひまわりが開花しました!

今回は、ひまわりの種を植えてから開花までを振り返ります。

↓ ↓
▼ 関連コンテンツ  

ひまわり いよいよ開花

花芽が大きくなる

先週、土曜日(7月1日)の時点で花芽が大きくなっていました。

ひまわり花芽20170702

台風3号の強風でもビクともしませんでした。

 

うっすら浮かぶ黄色

水曜日(7月5日)の朝

いつもの緑色の中に、うっすらと黄色が浮かんでいました。

ひまわり20170705

まだ完全開花はしていませんでしたが、ほとんど完成形に近づいてきました。

 

ついに開花!

日曜日(7月8日)の朝

ひまわり20170709

大輪の花を咲かせてくれました。

 

もう少し大きくなりそうな気配もあり、他のひまわりたちも全部開花するのが楽しみです。

 

ひまわりの種を植えてから開花までのデータ

ひまわりの種を植えてから、開花までの日数を調べてみました。

一番、生育状況のよかったひまわりです。

  • 種を植えた日  : 4月15日
  • 花が咲いた日  : 7月8日
  • 開花までの日数 : 84日
  • 開花時点の大きさ: 115cm



使った肥料類

土の肥料は、ホームセンターの牛肥を使いました。

5月の終わり頃に、追肥をしました。

 

6月に入ってから、週1回、万田酵素スプレーをかけました。

 

万田酵素 植物用万田酵素 スプレータイプ

ど素人の私でも立派なひまわりを咲かせることができました。

▼ コチラもご覧ください

写真で振り返るひまわりの成長記録

ひまわり20180423

チシャ菜(サンチュ)の花芽

6月の初旬から中旬。

消費しきれないほど収穫していたチシャ菜(サンチュ)。

 

収穫が落ち着き、しばらく放置していたところ、花芽がついていました。

チシャナ20170708

 

ちなみに、こんなにでっかくなっています。

チシャナ20170708

 

ひまわりほどではありませんが90cmはあります。

 

妻には「気持ち悪いから抜いて」と言われていますが、せっかくなので、どんな花が咲くか見守りたいと思います。

 

ちなみにチシャ菜(サンチュ)は4月終わり頃に株を植えました。

1か月半くらいで収穫できるようになり、2か月ちょっとで花芽がつくようです。

▼ 記事一覧

心の健康 家庭菜園

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP