競馬

第64回有馬記念 サイン馬券・世相馬券を読み解け

投稿日:2019年12月16日 更新日:

2019年12月22日、第64回 有馬記念が開催されます。

令和最初の有馬記念は、出走馬も超豪華で競馬ファンとしてはワクワクがとまりません。

 

そんな有馬記念を楽しく予想するのが、サイン馬券・世相馬券です。

今年のキーワードはなんでしょうか?

 

▼ 関連コンテンツ  

2017年、2018年有馬記念のサイン馬券・世相馬券のキーワードは?

今年のキーワードを考える前に昨年、一昨年のキーワードを振り返ってみましょう。

 

2017年有馬記念のキーワード「生前退位」

2017年は天皇陛下が生前退位を発表した年でした。

 

2017年有馬記念 結果

  • 1着 キタサンブラック(2017年天皇賞を春秋制覇)
  • 2着 クイーンズリング(馬名にクイーン女王)

 

2018年有馬記念のキーワード「フランス」

ワールドカップの優勝国はフランス、日産自動車を追われたカルロス・ゴーン氏はフランス出身。

 

2018年有馬記念 結果

  • 1着 「フ」”「ラ」ストワ「ン」ピー「ス」
  • 2着 レイデオロの鞍上は「フランス」出身のクリストフ・ルメール
  • 3着 シュヴァルグランは「フランス」語で偉大な馬という意味

 

キーワードは秋以降のニュース

天皇陛下の生前退位、カルロス・ゴーン氏の事件、いずれも秋以降のニュースです。

よって今年も秋以降にニュースキーワードを考えてみたいと思います。



 

2019年有馬記念のサイン馬券・世相馬券のキーワードは?

桜を見る会

国会で度々問題に挙げられる「桜を見る会」

 

馬名に「サクラ」が入った出走予定馬はいません。

桜の音読みの「オウ」が入った出走予定馬は「エタリオウ」がいます。

 

有馬記念と同コースの日経賞で2着としているのでコース適正はないとは言えません。

 

競馬で桜と言えば桜花賞。

今年の桜花賞の2着に、8枠(ピンク)のシゲルピンクダイヤが7番人気で入線しています。

 

有馬記念は8枠は不利な枠と言われていますが、押さえが必要でしょう。

 

今年の漢字「令」

今年の漢字「北」の2017年にキタサンブラックが優勝

今年の漢字「金」の2012年にゴールドシップが優勝

 

今年の漢字は、有馬記念の優勝馬を導き出すサインと言われています。

 

2019年、今年の漢字は「令」

「レイ」が馬名に入っている出走馬は「レイデオロ」です。

 

レイデオロは、2019年に入って結果を出せていませんが、前走のジャパンカップでは1番人気に支持されています。

2018年の有馬記念は2着で、コンディションが整えば一発が期待できます。

 

今回は6~9番人気と評価を下げると思うので押さえておくべきでしょう。

 

ワールドプレミアも一緒にくれば「令和」馬券の完成です!

 

沢尻エリカ

秋以降の有名人のスキャンダルと言えば、麻薬取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ。

 

彼女の名前「エリカ」が含まれる「エリカ賞」に出走したことがある競走馬が一頭だけいます。

 

シュヴァルグランです。

 

2014年12月27日に出走し3着になっています。

さらに、シュヴァルグランは2017年、2018年と有馬記念で2年連続3着になっています。

 

2019年有馬記念も3着はシュヴァルグランか!?

今年は10番人気以下だと思われるので夢が膨らみます。

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP