まさかの3人目 妊娠

完全母乳なのに母乳が出なくなった・・・粉ミルクを飲ませてみると…|思いがけず まさかの3人目妊娠(44)

投稿日:2018年12月28日 更新日:

平成29年10月。 思いがけず まさかの3人目妊娠が発覚しました。

第三子を受け入れていく普通の夫婦の姿を「夫」の視点で描いています。

私たちと同じ境遇で苦しんでいる方、子どもを産むことは決めたけど不安な方の一助になれば幸いです。

 

▼ 関連コンテンツ  

3ヵ月健診

3ヵ月健診は自治体が指定する日に自治体の指定する施設でうけます。

 

指定してきた日は生後4か月になる2日目前で、3か月(28日目)健診でした。

 

指定してきた施設は自宅から徒歩15分ほどの場所にありました。

受付開始時間が12時半だったので行きは昼休みに職場を抜けて送っていくことにしました。

帰りは歩いて帰ったようです。

 

健診内容は、赤ちゃんの身長・体重などの測定、保健師さんと育児の悩みなど面談を行い1時間ほどで終了します。

 

3ヶ月健診にプレッシャーを感じる妻

妻は3ヵ月健診に行くのがプレッシャーになっていました。

その理由は赤ちゃんの体重が生後2か月からほとんど増えていなかったことです。

 

身長・体重そのものは成長曲線の中心値のため問題ありませんでしたが、2か月間体重が全く増えなかったのです。

 

赤ちゃんは元気なので私は心配していませんでした。

この子なりの成長なんだろうな、今までムチムチすぎたから調整に入ったのかな、と軽く考えていました。

 

妻も最初はそう考えていましたが全く増えないことに焦りを感じていました。

追い打ちをかけるように、自治体から健診前にかかってきた電話で、体重が増えないことを根掘り葉掘り聞かれて、心配になっていました。

 

「当日、母乳量測定も行いますので、早めに来てください」

 

この言葉がプレッシャーになったのか、母乳の出も悪くなってしまいました。

完全母乳で育てているため、母乳量が少ないことを指摘されるのを恐れていました。

 

母乳量測定・体重測定の結果

早めに健診に行って母乳量測定をしましたが、結果は「ほとんど飲まず」でした。

 

赤ちゃんは周りが騒がしい状況ではおっぱいを集中して飲まなかったようです。

最後は泣き出して拒否したようです。

 

体重も予想通り2か月前からほとんど増えていませんでした。


「もう一度来てください」

 

測定の結果がよろしくなかったので、後日、改めて来るように言われました。

妻はかなりへこんでいました。




.

健診が終わっても母乳が出ない

健診が終わっても母乳の出はよくなりませんでした。

吸っても出てこず赤ちゃんも不機嫌でした。

 

そこで粉ミルクを飲ませてみることにしました。

しかし、一口飲むと嫌がり怒りだして完全拒否しました。

 

母乳に極めて近い味とインターネットで高レビューの粉ミルクを買って飲ませようとしますが一口飲んで拒否しました。

 

粉ミルクを飲まないのは、哺乳瓶が原因か

その翌日、新しく哺乳瓶を購入し試してみましたが、やっぱり飲みませんでした。

哺乳瓶の中身をお湯にしたら飲んだので、粉ミルクがイヤだったようです。

 

完全母乳

夫である私は本当にラクです。妻もミルクを作る手間もなくラクだと言っています。

 

しかし、母乳が出なくなったとき、夫はどうすることもできません。

哺乳瓶でミルクを与えようとしても一口も飲まず、正直イライラしました。

 

妻が哺乳瓶でミルクを与えようとしても結果は同じです。

出ない母乳を吸う赤ちゃんの姿をみて自分を追い詰めてしまいました。

 

完全母乳に限らず、何か一つのものに偏ってしまうと、問題が生じたときに困り果ててしまいます。

物事は一つに偏ることなくバランスが大切だと感じた出来事でした。

 

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP