心の健康 マインドフルネスの実践

マインドフルネスの練習・実践|食べるときは「食べること」に専念する 

投稿日:2018年2月20日 更新日:

こころの健康を維持するためには「今ここに集中できる」自分を手に入れることが必要です。

私は、具体的な行動習慣として、日々マインドフルネスを実践をしています。

マインドフルネスの実践を実体験レポートとして記事にまとめています。

▼ 関連コンテンツ  

マインドフルネスを練習・実践できる本

「今、ここ」に意識を集中する練習
心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門
「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

マインドフルネス実践のための基本的な考え方、日常生活の場面でマインドフルネスを実践するための53のエクササイズ(練習方法)が紹介されています。

生活のなかのどこか小さな部分にまず働きかけるだけでいい。

雑念の塊の私でも希望が持てそうです。

 

食べるときは「食べること」に専念する

食べるときは「食べること」に専念する

食べることに意識を向けてみると・・・

この練習を意識して食事を始めたのですが、いかに「食べること」に専念していないか思い知らせれました。

子どもの手前、食事中にスマホを操作することはありませんが、学校のプリントを見たり、テレビを見たり、と「ながら」食事をしている自分に気づかされました。

 

食べるものを一瞬見つめることで

食事は「ながら」になってしまいがちでしたが、食べるものを一瞬見つめて口に入れることで、食べ物への感謝を感じられるようになり、自然と「食べること」に専念することが実践できるようになりました。

マインドフルネスの練習をしてみようと思ったら

スポンサードリンク

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

楽天検索

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP