心の健康 マインドフルネスの実践

マインドフルネスの練習・実践「つなぎ言葉を意識する」 人はなぜ、つなぎ言葉をつかってしまうのか

投稿日:2018年2月2日 更新日:

こころの健康管理を実践するために「今ここに集中できる」自分を手に入れることを目標にしています。

具体的な行動として、マインドフルネスを実践し、実体験レポート・感想を記事にまとめています。

スポンサードリンク



▼ 関連コンテンツ  

マインドフルネスを実践できる本

つなぎ言葉に注意する

引き続き「つなぎ言葉に注意する」を実践してみました。

マインドフルネス実践・練習「つなぎ言葉を意識する」

無意識のうちに使っていた「つなぎ言葉」を意識できるようになってきました。

えー、あのー

発したときに、今つなぎ言葉を使ったなと、意識できる回数が増えてきました。

少しずつ前進できていると思います。

 

人はなぜ、つなぎ言葉をつかうのか

相手の反応が気になる

話と話の間のほんの少しの沈黙が気になる

この2つが主な原因です。

 

相手の反応が気になる

結論から言わずに、過程を話して結論を話す日本人に、よく見られる傾向だそうです。

「基本的に」「まあ」などを話の中に挟むことで、表現がやんわりとします。

個人的には悪いことだとは思いませんが、話のテンポが悪くなり、伝わりにくくならないように気をつけなければなりません。

 

話と話の間のほんの少しの沈黙が気になる

私がよく発するつなぎ言葉

「えー」「あのー」

音のない沈黙状態の恐怖から発される言葉です。

人前で意識的に沈黙状態を作りだしたことがあるのですが、自ら作り出した沈黙でさえ怖さを感じます。

 

原因分析出来たところで・・・

だからといってつなぎ言葉がなくなるわけではありません。

完璧を目指すことは不可能ですし、目指すべきではありません。

何気なく発してしまっている「つなぎ言葉」に注意を向け前進していきたいと思います。

 

マインドフルネスの練習をしてみようと思ったら

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門

新品 1,600円+消費税

スポンサードリンク

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP