夢分析・夢占い・夢のお告げで自己分析

職場でひと悶着あった日に見た夢を分析|自動販売機、全員やめる

投稿日:2018年1月23日 更新日:

私たちが経験したことは全て潜在意識に刻み込まれ、決断や思考に影響を及ぼすといわれています。

夢は私たちの潜在意識を映し出す鏡で潜在意識が具体化したものです。

夢のメッセージを読み解くことで、生きるヒントを与えてくれるでしょう。

↓ ↓
▼ 関連コンテンツ  

夢の内容

お客さんが、自動販売機の横で焼肉を焼いている。

現在いる社員が全員やめて、新しい社員になっていた。



夢のキーワード

お客さん(私の担当する会社)

職業や職場

 

自動販売機

手っ取り早い解決方法を望んでいる。

 

焼肉

貪欲になっている。

 

社員が全員やめて、新しい社員に

気分転換の必要性。

 

夢のお告げ

職場の問題、手っ取り早い解決方法を望んでいる。

まずは気分を改める必要があるだろう。

 

夢のお告げをうけて、自己分析

職場でひと悶着あった日のことです

この夢を見たのは、職場の同僚が私の発言に対し泣きながら怒った日のことでした。

1か月以上の前の発言に対して、急に感情が爆発したようでびっくりしてしまいました。

 

問題となった私の発言は「データ入力は作業だから後回しでいい」というものでした。

自分がしていることが大したことのないものとバカにされたと感じたのだと思います。

 

その後も、気まずい雰囲気が

怒りが収まった後、「大切な仕事だと思うからデータ入力を任せているのだし、あの時は忙しかったから優先順位の高いものから取り掛かってほしかった。言い方がきつくなったのかもしれなかったので申し訳ない」と詫びました。

 

その後は、表面上、何事もないように接しているのですが泣き出したこともあり、接し方、仕事の振り方に戸惑っている状態です。

手っ取り早い解決方法などなく時間が解決していくものなので、気にせず気分を改めて仕事に打ち込むしかないのでしょうね。

 

仕事は作業の集合体

よく作業と仕事は違うと言われますが、私はそう思いません。

 

一つ一つの作業が積み重なって成果物になっていくので、求められる技術や所要時間に違いはあるけれども、作業に優劣はないと考えています。

 

「単純作業の繰り返しで大したことやってない」と自分のしている作業を低く見積もってしまいがちですが、一つ一つの作業が欠けてしまったら、完成品や人の笑顔にたどりつくことはできません。

 

働く人々が目の前の仕事に集中できる環境を

公務員時代から、現場で働く人々を支える部署や職場での仕事が長いです。

「普段陽の目をみることのない自分の作業の意味はなんだろう」と葛藤することもありましたが、今では働く人々が集中できる環境を作り出す仕事に、やりがいを感じています。

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP