夢分析・夢占い・夢のお告げで自己分析

【夢分析】空飛ぶ自転車で競走、隣には競馬の騎手~社労士の資格に関する思いが夢に出てきました

投稿日:2018年1月13日 更新日:

空中の進むペダル付きのリフト。
ペダルをこぐとスピードが上がる。
途中まで何かに夢中でペダルをこいでいなかった。
隣に乗っていたのは中央競馬騎手の池添謙一騎手。
ゴール手前でペダルをこいで4,5組抜いてゴールインした。

という夢を見ました。

スポンサードリンク



▼ 関連コンテンツ  

夢のキーワード

リフト → 空飛ぶ乗り物

未知の能力。

自分を現状から連れ出してくれるもの。

空を飛ぶ

自由への憧れ。

潜在能力の発揮。

ペダル → 自転車

目標としているところへ導く個人的な努力や動機。

騎手 → 競馬

日々の競争。

自分自身への評価。

4,5組抜いてゴール → 競争

人生の競争。

期待に対するプレッシャー。

 

夢のお告げ

空飛ぶリフトは、未だ発揮されていない自分の可能性、現状を変えてくれる新しい視点の発見のために努力しようとする気持ちを表しています。

リフトの同乗者が競馬の騎手であることやゴール直前で4,5組を追い越すことから、何か「競争」を意識しているようです。

自分自身を評価をしている一方で、そのことに対し負担・プレッシャーを感じている二面性が感じられます。

スポンサードリンク



夢のお告げをうけて、夢分析

資格はあるけれど、仕事をうけられない

この夢を見たのは、仕事で私の保有資格(=社会保険労務士)が活かされる内容の相談をうけた日のことでした。

今の状況で、その内容を具体的に解決してしまうと法律違反になってしまうので、仕事の範囲を線引きしています。

私は具体的に解決するための知識はありますし、手続きをするノウハウも持っています。

保有資格を活用できる手続き(お金を出して登録)をすれば、自分の名前でお客様にサービスを提供し、報酬をいただけるかもしれない。

そんな可能性を感じました。

 

資格を持っていても、お客さんを獲得できるとは限らない

とはいえ実際にお客様を獲得することは簡単ではありません。

同じ資格を保有する他者との競争に打ち勝たなければ生活することも難しいです。

自分の持っている資源に期待しつつも、一方で、やっぱり厳しいのではないかとプレッシャーを感じ、前に進むことを躊躇しています。

私のこれまでの生き方を象徴するような内容を教えてくれる夢でした。

池添謙一騎手 に関する馬券を買ってみたところ

余談ですが、池添謙一騎手が夢に出たので、翌日池添騎手が乗る重賞競走の単勝馬券を購入しました。

 

結果は見事に・・・・

 

夢のお告げとはいかず、外れてしまいました(笑)

スポンサードリンク

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP