競馬

第62回 有馬記念 サイン馬券・世相馬券の答え合わせ

投稿日:2017年12月24日 更新日:

第62回有馬記念。

見事に「キタサンブラック」が引退レースで有終の美を飾りました。

内枠から好スタートを決め、一度も先頭を譲ることなくゴール板を駆け抜けました。

 

▼ 関連コンテンツ  

キタサンブラック デビュー直後は地味なキャリア

デビュー戦は3番人気。続く2戦目も5番人気。

初G1勝利の菊花賞も5番人気。

 

安定した成績を残すも11戦目の京都大賞典まで1番人気に支持されることはありませんでした。

 

地味にキャリアをコツコツ積み重ね、スターホースに昇りつまました。

「有馬記念」で芝G1の最多タイ記録である7勝をマークし、獲得賞金額が歴代最高に達しました。

 

個人的にも馬券で何度もお世話になり、思い入れのある競走馬でした。

無事に引退を迎えることでき、本当にお疲れさまでした。

 

今後は種牡馬として活躍してほしいものです。

武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラックが引退レースを勝利で飾る(撮影:下野雄規)

 

2017年有馬記念 サイン馬券・世相馬券の答え合わせ

私が注目したニュースは「天皇陛下の生前退位」

ここから導き出した競走馬は以下の6頭でした。

  • 1枠2番 キタサンブラック
  • 2枠3番 クイーンズリング
  • 5枠9番 サクラアンプルール
  • 6枠12番 サトノクラウン
  • 7枠13番 ミッキークイーン
  • 7枠14番 スワーヴリチャード

 

 

2017年有馬記念 レース結果

  • 1着 キタサンブラック
  • 2着 クイーンズリング
  • 3着 シュヴァルグラン

見事に1、2着(連対馬)を導き出すことができました。

 

特に2着の「クイーンズリング」は今年の年間最多勝ジョッキーのルメール騎手でしたが、馬自体は昨年の11月に勝利して以降は鳴かず飛ばずの成績で、中山競馬場もデビュー2戦しか走っておらず、買える要素が少ない馬でした。



 

サイン馬券・世相馬券のおさらい

「キタサンブラック」「クイーンズリング」ともに天皇陛下に関連する競走馬でした。

 

「キタサンブラック」は今年の天皇賞を春秋連覇。

「クイーンズリング」は「クイーン」が女王を意味します。

 

さらに「キタサンブラック」「クイーンズリング」もこの「有馬記念」が引退レースでした。

生前退位から引退する2頭を導き出すことができたと言えます。

 

世相馬券 もう一つのサインがあった!?

「キタサンブラック」は1枠(白帽子)

「クイーンズリング」は2枠(黒帽子)

 

白と黒の動物と言えば「パンダ」

上野動物園の赤ちゃん「パンダ」シャンシャンが話題となった世相もサインだったのかもしれません。

 

サイン馬券・世相馬券は楽しみの一つ

私は世相馬券・サイン馬券は予想するだけしといて結局買ってませんでした( ;∀;)

キタサンブラックとサトノクラウン(13着)の一点勝負で撃沈しました(笑)

第62回 有馬記念 馬券

馬券は外れてしまい当然悔しいですが、予想もレースも楽しむことができました。

「キタサンブラック」の歴史的勝利の瞬間を共有することができて、競馬ファンとして充実した日となりました。

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

楽天検索

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP