書評・本の紹介

交通事故・転職失敗のメンタル不調から立ち直るきっかけをくれた|しないことリスト

投稿日:2017年11月24日 更新日:

2015年2月に出版された

しないことリスト(著者:pha)

ブックメモです。

 

▼ 関連コンテンツ  

メンタル不調の時期に出会いました

交通事故が原因でメンタル不調になっている時期に本書に出会いました。

 

 

仕事に行かずダラダラと過ごしていた自分を肯定したかったのか。

何かしないと焦っていた自分を変えたかったのか。

 

この時期は、この手のジャンルを読み漁っていました。

 

気楽に生きるヒントを与えてくれる

私は常に肩に力が入り過ぎている人間でした。

そんな人間が少しでも気楽に生きられる方法が紹介されています。

 

もちろん全部実践することは現実的ではありません。

1つ実践することで、人生が好転するきっかけをつかめます。

 

● 元気でいつづけない

私は「一生懸命になれない」「なんだかだるい」と感じている自分がイヤでした。

「たるんでいる」と自己嫌悪に陥ることもありました。

 

体調が悪い日もあるし、気分が乗らない日もあります。

そもそも、いつもベストコンディションなんてありえません。

 

元気でなければならないという囚われを捨てる。

そして、だるいなりに、モチベーション上がらないなりに、できる範囲のことを淡々と進めていけばよいと気づかされた一言でした。

 

● 大きく見せない。

私が転職に失敗した原因の一つは「資格や経歴を前面に出してしまったこと」にあると考えています。

 

入社当初から変な期待をかけられることがプレッシャーでした。

 

就職することがゴールであれば、資格や経歴を前面に出して、できます!アピールすればよいのですが、大切なのは入社後です。

 

転職で失敗しないためには「過度に自分をアピールし大きく見せすぎないこと」が大切だと身をもって知りました。

スポンサードリンク




.

 

● 苦労したから上手くいくとは限らない

私が働いていた役所は、部署ごとで仕事量の差が大きい職場でした。

 

仕事が少ない部署に配属になったからと言って基本給が下がることはありません。

その逆で仕事量の多い部署に配属になったからと言って基本給が上がることはありません。

 

部署に配属されるという自分ではコントロールできないことで、苦労して割に合わないことも、ラクして稼げることもあるわけです。

 

苦労してもどうにもならない時期もあれば、怖いくらい上手くいく時期もあります。

苦しい思いをしなければ成長できない。と自分を追い込む必要はないのです。

 

▼ 苦労して稼いだお金が美しいなんて幻想だ

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

楽天検索

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP