書評・本の紹介 資格 FP 資格 いろいろ 資格 宅地建物取引士 資格 社労士試験 独学 一発合格体験記 資格 税務・会計関係

資格合格のカギは身近なところにある!?|資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法

投稿日:2017年11月23日 更新日:

2016年9月に出版された

資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法(著者:鬼頭政人)

資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法

↓ ↓
▼ 関連コンテンツ  

合格できる人の特徴に私は当てはまっているのか?

私は、公務員試験・社会保険労務士試験・1級FP技能士などの資格試験を独学で合格してきました。

 

独学にあたって、特に参考にした情報もなく、自分がやりやすいように勉強してきました。

 

私の勉強法とこのように書籍で紹介されている勉強法を比較し、今後の参考になればと思い、読むことにしました。

 

”受かる人・落ちる人 50の特徴”から抜粋

この本は、試験に受かる人(〇)落ちる人(×)の特徴を見出しで紹介し解説しています。

全部で50の特徴が解説されており、できるところから実践していくとよいでしょう。

 

〇 飲み会は一次会で帰る。× 飲み会は二次会まで付き合う。

本書に限らず様々なビジネス書で、成功をつかむためには「飲み会は一次会まで」という

 

出費が青天井になる危険があり、長期戦になると翌日に疲れが残ってしまいます。

 

その出費のせいで、勉強にかけたい経費を抑えることはもったいないです。

また疲れが残ると、翌日の勉強の生産性が落ちてしまいます。

 

自分をコントロールできなければ独学で合格するのは難しいということです。

 

私も社労士試験の勉強中は、二次会はおろか飲み会の誘いも断っていました。

「本当は行きたいんだけど・・・」この空気を醸し出せれば、関係が悪くなることはないはずです。

 

〇 意識的に運動する。 × 運動は後回し。

私は運動する習慣が全く身についていませんでした。

 

運動すると疲れてしまい、勉強に支障をきたすと思ってしまったからです。

 

しかし、運動をほとんどせずに、勉強ばかりになってしまい、ストレスがたまっていき、寝つきが悪くなってしまいました。

少し勇気をもって、ウォーキングや筋トレをしてみれば、もっと効率よく勉強できていたかもしれません。




.

〇 参考書を変えない。 × 参考書を変える。

参考書として世に出回っている本は「この本では絶対に受からない致命的な欠陥を抱えた」ものはない。

本書で解説されています。

たしかに、そんな本は淘汰されて、あっという間に書店の棚からは消えてしまうでしょう。

 

私も中心となる参考書は一冊だけで、途中で変えることはしませんでした。

 

変えなくてすむように、書店で複数の参考書を一週間にわたって読み比べました。

その中で最もしっくりいくものを選んだので、自信をもって使い続けました。

 

それが合格につながったのだと、本書の解説をみて、再認識することができました。

 

▼ 資格合格のカギは身近なところにある!?

 

▼ 資格勉強法のまとめページ

社労士・FP・宅建etc「合格までの道のり」

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

楽天検索

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP