書評・本の紹介

【ブックメモ】絵本を読むと「天職」が見つかる(著:中越 裕史) 就職・転職のヒントを与えてくれる本

投稿日:2017年11月18日 更新日:

2014年9月に出版された

絵本を読むと「天職」が見つかる (著者:中越 裕史)

スポンサードリンク



▼ 関連コンテンツ  

この本を読もうと思ったきっかけ

自分にとって理想の職業って何だろう?

よく考えることがあります。

考える上でのヒントを与えてくれそうなタイトルにひかれました。

絵本という切り口が今までになかったので面白そうかな~

 

印象に残ったフレーズと自分なりの捉え方

自己啓発本によくあるテーマを絵本のストーリーと関連付けて分かりやすくまとめていました。

これから自己啓発本を読んでみようかなという方は、とっつきやすくてよいと思います。

うつ病になったあと、自分の人生を深く省みて、生き方そのものを変える人、成長していく人は多くいる。

3年寝太郎は従来頑張り屋だったけれど、ある出来事がきっかけで、働きもせず寝てばかりになってしまう。

本書では「3年寝太郎はうつ病だった」と解説しています。

 

私もうつ病とまではいきませんが、転職失敗や交通事故などが原因で、精神が疲弊してしまい体調を崩してしまいました。

「公務員を辞めたからには!難しい資格をとったからには!ガツガツ働いて稼がなければならない!」と本気で思っていました。

 

しかし、精神が疲弊し充電していた期間中にふと思いました。

  • そういえば、自分は物欲もそんなにないし、お金あっても使わないよな
  • 資格の勉強を始めたのはお金を稼ぐためじゃなく、知識を身につけたかったんだよな
  • そもそも仕事で時間を奪われるのってイヤだよな

自分の心の叫びに気づくことができたのです。

 

当時の記事は↓から

引っ越しに慌ただしさが残る中、転職先に入社。次々、割り振られている仕事に疲弊していく。そして…

スポンサードリンク



自分の心が反応するものへ、少しだけ手を出してみよう

私も全然仕事に興味がないわけでもなく、

「資格の勉強で身につけたことを活かして、楽しく満足できるような仕事をしたい」

という願望があります。

それがはっきりと何なのかわからないので、今の仕事やブログ執筆、妻の事業の運営などを通じて、心が満たされる瞬間に巡り合うことができればと思います。

 

実践

私はなんとか絶望的な時期を乗り越えて、無理しない自分に出会うことができました。

自分の心が満たされる瞬間に巡り合い、それを積み重ねることで、自分の「天職」を探し出していければと思います。

読んでみようと思ったら

絵本を読むと「天職」が見つかる


新品¥1,404
中古本もあります。

スポンサードリンク

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP