資格 FP

FP(ファイナンシャルプランナー):3級から1級まで独学で一発合格を決めた4つの習慣

投稿日:2017年10月24日 更新日:

2012年1月にFP3級の勉強を開始し、2013年7月にFP1級に合格できました。

 

口頭試問で実施される1級実技試験まで独学で勉強し一発合格しました。

1年半という短い期間で最高峰まで登りつめることができたのか?習慣にしたことをまとめました。

 

▼ 関連コンテンツ  

毎日30分でも勉強する

勉強スタイルは「毎日コツコツ」と「1日集中」に分類することができます。

 

私は「毎日コツコツ」タイプでした。

会社がある日もない日も毎日1時間は勉強するようにしました。

 

仕事が忙しくなったり、飲み会があったり、精神的・物理的に1時間確保できない日もありました。

そんな日でも朝早起きすれば30分は確保できます。

 

通勤中も工夫すれば勉強できます。

勉強する場所は机の上なくてもいいのです。

 

大切なのは「合格したい!仕事や生活に活かすぞ!という前向きな気持ち」だったと思います。

スポンサードリンク




早めに過去問に着手する。

FP3級、FP2級は年に3回試験があるので過去問が豊富です。

 

私の場合、3級、2級はテキスト(とテキストに付属した問題)と過去問だけで合格できました。

 

テキストを1周したら、過去問を解いてみることをおススメします。

過去問を解いた上でテキスト2周目に臨むと、どこに力を入れればよいかが分かってきます。

 

テキスト2周したら過去問を2年(6回)分に挑戦しましょう。

過去問の解説は↓のサイトを参考にしました。

2級FP過去問解説

このサイトの解説をしっかり理解すれば、1級学科も十分対応可能です!

 

同じ問題は3回以上解く

いろいろな数多くの問題を一度だけ当たるよりも、できなかった問題を何度も解く方が合理的です。

合格にはもちろん近づきますし、試験勉強だけで終わらない本当にためになる勉強ができます。

 

私はどんな試験でも同じ問題を最低3回は解くようにしています。

間違えた問題は5回は繰り返しました。

 

人間は覚えたことを忘れてしまう生き物です。

繰り返すことで知識が定着するので復習が大切です。

https://i2.wp.com/3.bp.blogspot.com/-naMmlY2vacE/U2LuOLhqvlI/AAAAAAAAflo/aCHRmAwtjaE/s800/animal_study_neko.png?resize=210%2C253

 

基本事項を95%答えられるようにする

過去問を解いていると1,2問は難しい問題に遭遇します。

 

そういった問題は無理に解けるようにならなくてもいいです。

1、2問できなくても即不合格にはなりません。

 

優先するのは何度も出題されるテーマです。

 

何度も出題されるテーマは基本事項です。

基本事項をしっかり押さえておけば、合格ライン(6割)は突破することは可能です。

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP