元採用担当者が語る 国家公務員 採用試験  書評・本の紹介

就職・転職活動の必須アイテム さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

投稿日:2017年7月26日 更新日:

2017年7月にストレングスファインダー2.0を受検しました。

その結果を2014年2月の結果と比較しながら公開します。

 

▼ 関連コンテンツ  

受験したときの状況

鹿児島に移住してから1年3か月が経った夏。

2度の転職失敗・交通事故・メンタル不調 苦い経験をいっぱいしました。

新居完成・今の職場に就職してから1年とようやく落ち着いてきました。

 

結果

【最上志向】【成長促進】【慎重さ】【適応性】【共感性】

の順になりました。

 

前回の結果

【学習欲】【分析思考】【親密性】【達成欲】【最上志向】

の順でした。

人の「強み」はそうそう変わるものではないと思っていたので、ここまで変貌をとげるとはビックリしました。

特に、前回の上位3つが影も形もないとは・・・

 

今回の「強み」と分析

【最上志向】

前回は5番目にランクインしていました。

2度の転職失敗で「自分に向いていないことはしない」「できることに力を入れる」傾向が強くなったのでしょうか。

 

【成長促進】

前回はランク外でした。

採用や育成といった仕事から離れたことで、人の可能性を見つけ出す仕事、人を育てる仕事に飢えている状況が、ランクインした理由と考えられます。

 

【慎重さ】

前回はランク外でした。

私は、人の発言を鵜呑みにすることなく、客観的な事実や根拠を確認する傾向があります。

自分の話や他人の噂話をしないことも【慎重さ】のなせる業でしょうか。

ただ、綿密な計画を立てるようなタイプではないので、強みとまではいかないと思います。

スポンサードリンク



【適応性】

前回はランク外でした。

これまで人生において、いろいろな困難に直面しましたが、なるようにしかならないと思いながら、なんとか生きてきました。

ただイレギュラーな出来事は好きではないですし、自分がコントロールできる状況に居心地のよさを感じています。

強みとまでは言えない気が・・・

 

【共感性】

前回はランク外でした。

挫折を経験したことで、人の気持ちに寄り添おうというという傾向が強くなりました。

ガツガツと人の領域に踏み込んでくる人を避ける傾向も強くなりました。

 

就職・転職活動には自己分析が欠かせません

自己PRで何を話せばいいか分からない人

  1. 本書のコードを使ってテストをうけて、自分の強みを知る。
  2. 本書で強みの特徴を知る。
  3. 強みの裏付けとなる出来事を思い返してみる。まずは上位3つでよし。
  4. 強みを活かして就職先・転職先に貢献できることを考える。

 

ストレングスファインダーを受験するには

▼ まずは自分の強みを知るテストを受けてみよう!

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP