体験談 交通事故の保険金請求

むち打ち・ストレス障害、最終的な保険治療期間は?|交通事故の保険金請求(6)

投稿日:2017年6月27日 更新日:

私が交通事故に巻き込まれ保険金の請求をしたときの体験談をまとめました。

 

交通事故に巻き込まれ泣き寝入りしないためには知識が必要です。

私の体験談が皆様の知識の一片になれば幸いです。

 

▼ 関連コンテンツ  

ストレス障害 精神科の医療

8月9日

8月9日に約1ヵ月ぶり(前回7月12日)に通院しました。

 

投薬治療の経過

薬の副作用か夏の暑さか分かりませんが体が火照ってしまい、もう飲みたくないと感じるようになっていました。

 

「実は薬を半分に切って服用しました」

私が言うと、精神科の先生に怒られました。

 

私の様子を見て、2日に1回の服用でいいことになりました。

 

交通事故のトラウマからの脱却

車の運転も事故現場に似た見通しの悪いカーブでは意識することもありましたが、不安を感じることはなくなりました。

仕事(研修)で一人で事故現場を通過することはありましたが、無事に通過することが出来ました。

 

9月6日

1ヵ月ぶり(前回8月9日)に精神科に行きました。

 

治療を終了

主治医の先生が不在でしたが、代わりの先生に状況を伝えました。

「運転中、パニックになったり不安を感じたりすることはなくなった」

「9月に入ってから薬は飲んでいない」

ストレス障害の治療を終えることになりました。

 

むち打ち 整骨院の治療

8月

7月まで毎日通っていましたが、8月は、2日おき、3日おきと回数を減らしていきました。

首肩の調子もだいぶよくなり、天候不良の日もなんとか乗り切れるようになりました。

 

9月

9月に入ると週2回のペースで通院しました。

 

9月末をもって、治療を終えることになりました。

首肩の重みはすっかり改善されました。

 

「通院当初に比べて筋肉の緊張がなくなりました。もう大丈夫です。ストレッチは続けてね。」先生から太鼓判を押されました。

先生がとても良い人で癒されていたので、しばらく整骨院ロスになりました。

 

整形外科の治療

8月

月末に1回通院しました。

もう一月様子を見ましょうと、シップを処方されました。

 

9月

9月の終わりに通院しました。

問診で「首肩の重みはすっかり改善された」と伝えたところ、治療を終えることになりました。

 

全ての治療の終了

9月に入ると、加害者側の保険会社から、治療経過について、確認がありました。

「ストレス障害に関する精神科の治療は次回で終了したい」

「むち打ちに関する整形外科、整骨院の治療は9月末を目途に終了したい」

そのように考え、主治医に相談している。

 

私が答えると、

治療を終えたら連絡してください。

保険会社の担当者に言われました。

 

予定通り、9月いっぱいで交通事故にかかる治療が一通り完了しました。

精神科→整形外科→整骨院の順番で通院を終えました。

 

保険治療の期間

保険治療期間は、5月に保険治療をはじめて5ヶ月以内でした。

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP