体験談 中古マンションの売買

お得に繁忙期の引っ越しができた体験|自宅マンション売却の体験談(7)

投稿日:2017年6月1日 更新日:

2016年春に自宅マンションを売却した時の体験談です。

これから売却を検討している方のお役に立つことができれば幸いです。

 

▼ 関連コンテンツ  

繁忙期4月1日の引っ越しは大変!

引っ越しに向けて動き出した時期は?

引っ越しに向けて動き出したのは、年が明けてすぐでした。

 

我が家の場合、子どもの転入学が6日、転職先の入社日が5日と決まっていました。

そのため、4月1日という最繁忙期に引っ越しする以外に選択肢しかありませんでした。

 

引っ越し業者の何社かに「4月1日、神戸→鹿児島、3LDK、家族4人でいくらになりますか?」と電話で問い合わせしました。

 

「80万くらいでしょうね」という目の飛び出るような返事をいただきました。

 

引っ越しを少しでもお得に!

引越し業者見積り比較をしてくれる会社を活用することにしました。

引っ越し会社を紹介してもらい2社に最終見積を依頼しました。

 

最終的に40万円で引っ越しできました。

当初の見積額の半値で引っ越しできたのです。

 

私が利用したのは「引っ越しラクっとNAVI」でした。

 

賃貸マンションから分譲マンションへ引っ越ししたときは、別の比較サイトを利用しました。

次から次にかかってくる電話攻撃にウンザリしました。

引っ越しラクっとNAVIは「嵐のような電話攻撃を受けませんでした!

ただでさえカリカリしてしまう時期に、余計なストレスを感じたくない方におススメの比較サイトです。

▼ 引っ越しラクっとNAVI

 

鍵の引き渡しの連絡

引っ越しが完了したら不動産会社に連絡します。

売買契約時に確認した設備表に書かれている以外のモノが残されていないか、部屋の中を一通りチェックします。

 

最後の施錠を行い、不動産会社にカギを全て引き渡します。

 

瑕疵担保責任期間

不具合の種類によって、期間が異なります。

 

IHクッキングヒーターや水道等の不具合に対する瑕疵担保責任期間

引き渡し完了後7日間

 

水漏れ、シロアリの不具合に対する瑕疵担保責任期間

引き渡し完了後3か月間

 

これらの瑕疵担保責任期間を経過すれば、不動産会社や買主とのやりとりは完全に終了となります。

 

仲介した不動産会社によっては、代わりに補償してくれる

大手不動産会社は、瑕疵担保責任にかかる修繕を代わりに対応してくれるようです。

 

私が依頼した不動産会社は仲介手数料が半額にするかわりに、不具合があったら自分で対応する必要がりました。

そのため3か月間は、ヒヤヒヤしていました。

 

それ以上に引っ越し後3か月間は、転職・離職の繰り返しや交通事故で冷や冷やしましたが( ;∀;)

 

 

自宅マンションを売却したら確定申告が必要

自宅マンションなど不動産を売却したら、売却した年の翌年3月15日までに譲渡所得の確定申告をする必要があります。

税務署から「譲渡所得がある場合の確定申告のお知らせ」が届きます。

 

売却に関する書類、購入した時の書類も、きちんと保管しておきましょう。

税理士にお願いするにしても、自分で申告するにしても、書類をしっかり保存しておけば、より有利な選択をとることが可能になります。

 

関連コンテンツ

広告

スポンサードリンク




カテゴリー

サイト内検索

スポンサー検索




サイト内検索

サイドバー 中段

通勤電車・外回りの車中で楽しめるオーディオブック

最新記事

▼ twitterフォローお願いします(。-_-。)

PAGE TOP